読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

内省することね

モラトリアム人間が自己理解を深めていくブログです。

受験期の私と今の私の関連性

自己理解 蓄積

こんにちは、ことねです。

 前回の投稿(わたしと学校と勉強。 - 大学生のひとりごと)

でざっと学校・勉強について書いていたら、

「そういえば受験期イライラしてただひたすら寝て、web小説読んでたわ。

母さんとも口利きたくなくて返事もロクにしなかったわ。」ということを思い出しました。

…状態、今とすごい似てないか?(前に比べてちょっと良くなったけど、

連絡見たりとったりするのにえいやって気持ちが必要。)

と思ったので、ちょっと深ぼってみようと思います。

 

1.受験期とここ2週間前の共通点

《タスク》

・やることがいっぱいある(気がしている)

・特に前もってやらなきゃいけないことをこなせていない(と思っている)

➡タスクが整理されていない状態またはタスクが溜まっている状態である。

 前もってタスクを処理できていない状態である。

《プレッシャー》

・自分が行動を起こさないとその人に迷惑がかかる・悪影響を与える(と思っている)

➡勝手にプレッシャーを作り出し、自分を追い込み始める。

《原因》

・やればいいだけなんだけど、なんかできない/やりたくない。

・前までできていたことがなぜできていないのかがわからない。

➡今できない理由はわかる気がするが、気だけ。

 原因を取り除けない(と思っている。)

《解決法》

・自分が行動を起こす以外に問題の解決方法が思いつかない。

・相談しても自分の中の結論が出ているから相談できない。

➡できないのに頑張らなきゃいけないと思う。

 わかっているのにできない状態を取り除けない。

 ほかの人に手助けを求められない。

 

2.感情が制御できなくなるまでの仕組み

 すこし考えただけで、これだけ出てきた。

上記のことが私のストレス原因となるのだと思う。

また《プレッシャー》から

動けない⇒プレッシャーがあると思う⇒その人に迷惑をかけると思う⇒罪悪感を抱く⇒動けない⇒...のループに入っていって、それが一定の期間に達すると自分が嫌になる。

 挙句の果てに

自分が嫌になる・罪悪感を抱く⇒自分のことを嫌いにさせる・罪悪感を抱かせるその人に対して怒りの感情が湧く⇒閉じこもる・八つ当たりする

という現象になるのだろう。閉じこもる・八つ当たりするという反応が起こるのは「なぜ私をわかってくれないのか!」という相手にとっては酷く理不尽な怒りが自分の中に湧くからだろう。

 

3.交流分析の活用(読み飛ばし推奨)

 ここで、何故このような仕組みになっているのかを交流分析の理論を活用して考えてみる。(私は2級資格しか持ち合わせていないので理論を正しく理解しているかは自信がない。もし興味があるのであればNPO法人 日本交流分析協会|トップの紹介講座を受けてみることをお勧めする。)

 ミニスクリプトの項目を参照する。この流れから見るに、私はドライバーとして「完全であれ」を持ち合わせているのだと思う。普段は出てこないが、イライラしているときやプレッシャーが大きいと感じる時に出てくるようだ。(基本的に私は中途半端だろうが納得できれば良いと思っている。)

 上の例で見ると

完全でない(=動けない)私はダメだ…OKでない、という気持ちになり、焦ってまた動けなくなる。そして「私はOKでない、あなたはOK」の感情に浸ってしまう。

 加えて、「私を受け入れてほしい」という気持ちがあるためにラケットである「罪悪感」を使っているように思える。(基本的な信頼の歪み 幼児決断を参照)

しかし、ラケット感情を用いても自らが受け入れられず、「私はOKでない、あなたはOK」の感情も解消されないため、「復讐する子ども(VC)」によって反抗的になり「私はOK、あなたはOKではない」という感情になっているように見られた。

 

4.まとめ

 以上のことより、私が人と連絡を取らなくなる及び関わりを絶つ要因には

「ストレス」「歪んだ現実認知」「罪悪感及び自己嫌悪」が存在することが分かった。

以降このような人との関わりを無くすためには

①ストレスをできる限り感じないような生活をする。

⇒無理をせず、ストレスを感じたらすぐに発散。口に出せるうちに他の人に聞いてもらう。また相談できる活動範囲の違う人物を複数人持ち、すぐに相談できる環境をつくる。

②現実認知の歪みをできる限り取り除く。

⇒事実をどのように認識しているのかを書き出す。また関係する他の人に見てもらいその整合性を確かめる。問題が発生しているときはその状態及び解決策を提示するだけでなく、他者からの提案を受けるようにする。また解決策を複数持つ。

③罪悪感及び自己嫌悪を中断する。

⇒この例を見ると、私が罪悪感を抱く・自己嫌悪をするのはその行動により他者に受け入れられやすくするためであると推測される。したがって、その行動をとりだしたらその感情に浸らないように一旦自分を置いておく。また瞑想をする。

 

このような解決法が出てきました。なんか結構すっきりとやり遂げた感があります。

自分に合っているのでは?と思いますが、何かご意見ご感想等ありましたらお気軽にどうぞ~。

 

それでは今日はこの辺で!

ことね