内省することね

モラトリアム人間が自己理解を深めていくブログです。

"しょうらい"のゆめの話

 わたしの幼稚園時代の"しょうらいのゆめ"は『かわいいお姉さんになること』だった。

 幼いころのわたしは可愛かった。同じ幼稚園だった中学同級生男子にも証言はもらっているから信憑性はあるのではないだろうか。

("今は見る影もないよな"みたいな反応をもらったことは置いておこう。)

 白いレースのスカートがお気に入り。おしゃれをしたいときはお母さんがつくってくれた四葉のクローバーのワンピースを着て、いつもちいさな猫のぬいぐるみを持っていた。(いつだったか忘れたけれど、珍しく行った家族旅行先でお土産に買ったぬいぐるみだったと思う。そういえばそんなこともあったような。)

誰からもよく泣かされて、兄ちゃんに「泣くな女だろ」と言われて笑って泣き止むような女の子だった。兄が小学校高学年になってからは見る影もないが、昔はとても優しいお兄ちゃんでお兄ちゃん子だった。兄ちゃんと兄ちゃんの友達にかまってもらうのが好きだった。

 小学校の卒業アルバムの中の文集。"しょうらいのゆめ"について書いた。

4つの候補があった。

①経済学部に入る。

想像していたのは北大だったろう。為替に興味があった。

②獣医になる。

この辺り「動物のお医者さん」の影響を受けている。ハムテルかっこいいよね。

③薬剤師

医療関係に関心はあっても医者になるとは思わなかったし、看護師にもなりたくなかったんだと思う。小さいころ母親が医療事務をやっていた時期、兄妹揃って風邪気味で(私はインフルっぽかったんだけども)二人で病院の中母さんを待っていたときに見知らぬ看護師さんが声をかけてきてくれたようなぼやっとした記憶がある。人見知りしてたから怖かったんじゃないかな。

④漫画家

そのころ丁度自分の中での銀魂最盛期だったもんね。やりたい度一番高かったけど稼げないと思って最後に書いた気がする。

 結論、『かわいいお姉さん』どっか行った…。卒業するころにはかわいさも消えてたしなあ、まあ仕方なかったのだろうと思っている。

 

 

  中学・高校は言わずもがな受験ですから、将来の夢どうこうではなかった。自分の選択肢をできる限り広く持とうと思って勉強した。めちゃくちゃ熱心というわけではなかったがそれなりに。

 大学に入って、将来何やりたいのと聞かれることが多くなった。受験が終わり、大人からの目線が就職に行くことも影響するのだろうと思う。

 今思うことはやはりわたしの"しょうらいのゆめ"は『かわいいお姉さんになること』なのだろうということ。

職業・仕事としては「"人がはたらく"ということに関わる。より働く人が働きたいかたちで、自らが選んだ仕事を通じて幸せになれるようなお手伝いをする」(言葉がまとまらないからあとで修正する)ということになるけれど、生き方としては『かわいいお姉さん』でありたいと思う。

 自分が思うようなあり方・生き方をして、それで幸せで。人と関わって楽しめて。

会った人に素敵な人だなと思われるような『かわいいお姉さん』でありたい。

今は情けないけれど、ちいさなわたしがわたしのことを好きで『かわいいお姉さんね』って言ってくれるような人でありたいと思う今日です。

 

 なんでこんなこと今書いているかというと、生き物を家に置くだけで掃除しようとする気がおきるよという話を聞いて、実行しようと切り花を買ってきたからです。

ピンクのガーベラかわいい。ちゃんと女の子しよう週間というか最低限文化的な生活を送りたいと思います。

今日は以上。それでは皆様、おやすみなさい。