読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

内省することね

モラトリアム人間が自己理解を深めていくブログです。

現実逃避しているときの話

こんにちは、ことねです。

最近自堕落に生活しているので、どうしてそのような生活になるのか、自堕落っていうけれど実際のところどのような生活なのかを書いてみようかなと思います。

 

まず、自堕落に生活する理由について。

大雑把にまとめると現実逃避したいと私が考えるということになると思います。

今回は

・大学レポートの補足レジュメの提出締め切りが迫っていたこと

・会社の仕事を思うように進められないこと

・人間関係が変化したこと

が要因となって無意識に現実逃避したいなあと思い始めたのだと推測されます。

 要因が直接私を現実逃避に走らせているのではなく、やることがあるのにできていない自分に対する失望、また人に頼れてないんだなあと思ったりして、現実の自分像を突き付けられて、それでも行動することができないときに現実逃避に走るようです。

自堕落に生活していたり、SNSで人と連絡を取ることが億劫になってから

「現実逃避したかったんだな、私」と気づくパターンが多いですね。

 

さて、ここから自堕落な生活がどのようなものなのか書いていこうかと。

基本的に生活拠点が布団の中、布団の上になります。起きるのは普通の時間だったり遅かったり。布団から出られない。

またスマホが手放せなくなります。web小説読んだり、ゲームしたりする時間がものすごく増え、twitterはロムが多くなります。

部屋もとても散らかり、ものが増えます。

そんなにお酒が強いわけでもないのに酒量が増えます。

それが3日~1週間ぐらい続いて、その生活が嫌になって社会に復帰するような形が私の現実逃避及び復帰かなと思います。

 

現実逃避を始める原因は明らかです。

自分が行動できていないから、それによって自己肯定感が損なわれるから。

自分が今どのように生きたいと思っているのか、そして今どのような生活をしているのかを機会を設けて見直すのが必要だなと思う今日この頃です。

 

ことね